老眼


老眼とは、年齢と共に目の中のレンズにあたる水晶体の厚さ調整力が弱まり衰えてくることにより近くの物が見えにくくなるという症状です。

老眼遠視は、よく勘違いされるようですが、実は原因が全く異なります。

目から入る光は角膜を通り水晶体で屈折されて網膜に届きます。
通常は、最終的に届く網膜でピントが合うように水晶体の厚さを調整していますが、老眼の場合、水晶体の弾力が少なくなることにより近くを見る際、ピントが合わなくなります。

遠視の場合は、眼軸の長さが短いので遠くのものを見るときピントが合わなくなります。

老眼は近くを見る場合の調整異常で、遠視や近視は屈折異常というわけです。

老眼は遅かれ早かれ、誰もがなる目の老化です。
老眼になり、近くが見えにくいのにあまり無理をすると肩こりや眼精疲労、頭痛、吐き気などの症状が出てくる場合があります。

近視の方は老眼になりにくいといわれることがありますが、もともと近視の方は、近くのものにピントが合っているので老眼を自覚しにくいというだけのことです。眼鏡をかけている状態では、同じように近くが見えにくくなります。

老眼鏡といえば、自分が老化しているようでかけたくないと思う方が多いですが、早くから老眼鏡をかけても老眼が進むということはないようです。老眼鏡をかけずに不便な生活をするよりも眼科の医師に相談し、自分に合った老眼鏡をつけて快適な生活をしましょう。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。