体のゆがみ


体のゆがみ(歪み)は、肩こり、冷え、肥満、月経痛など色々な体の不調の原因となります。
ゆがみは、まず足元から起こり、骨盤、そして全身と体全体に及んできます。

普通に生活していると体のゆがみは誰でも起こります。
健康な体でいるためにはできるだけ歪まない生活を心がけ、凝りをほぐす必要がでてきます。
土台となる足や骨盤のゆがみを取らなければ、上半身のゆがみをとってもまたバランスが崩れてしまいます。

体のゆがみといえば猫背やO脚が思いだされますが、実際に骨が歪んでることはわずかです。
実際には、骨と骨をつなぐ筋肉や靱帯が凝り固まったり、左右のバランスを崩したりすることで歪みが起こります。

では、なぜ土台となる足元や骨盤が凝るのかといえば、ハイヒールや足に合わない固い靴などが主な原因となります。

昔は、わらじなど足の指や足首の関節を動かしやすい履き物が主流でした。

今は、固いアスファルトの上をハイヒールや靴で歩くのが主流です。
ハイヒールや固い靴で歩くと足首や足の裏は固定され、関節はほとんど動くことはありません。こうなると足元から凝りが始まり、ゆがみに繋がっていきます。

人間の体にはたくさんの骨があり、その倍の数の筋肉で繋がりバランスをとっています。足の筋肉が柔軟であれば、どんなにバランスの取りにくい靴を履いていても関節がクッションの役割をし、ゆがみが起こることはないのですが、足元が凝っていると傾く体を支えきれないため、ひざから腰、背中といった風に歪みが全身に及んでしまいます。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

眼底検査


人間ドッグに行って眼底検査をしたことがありますか?
人間ドッグの検査項目に「眼底検査」があります。

眼底検査は、網膜剥離や視神経疾患などの目の疾患だけでなく、脳腫瘍や動脈硬
化、高血圧症、糖尿病なども発見できるのです。

眼底検査をすると眼底の血管を見ることができるのですが、眼底は、外側から血
管と血流を直接みる唯一の器官なのです。

眼底検査をし、眼底の動脈と静脈を確認することで動脈硬化や高血圧が分かりま
す。

眼底の血管は、動脈と静脈の交差部分で血管の壁を共有しているので、動脈硬化
があれば動脈が静脈を圧迫している様をみることができます。
高血圧であれば、眼底の動脈が細くなっています。

眼底出血がある場合、血管に沿って線状に出血していれば高血圧、点状に出血し
ていれば糖尿病が疑われることになります。

また、目と脳は視神経で繋がっていますので、視野の異常から脳卒中など脳出血
の部位を逆に判断することも可能となります。

眼底検査だけでなく、目を見れば色々な体の状態も見えてきます。

白目が黄色くなれば、黄疸で肝臓疾患が分かりますし、白目が青くなれば貧血、
赤くなれば目が充血しているのでドライアイやストレス、運動不足などの血流障
害が考えられます。
黒目も瞳孔の開き具合で大きくなったり小さくなったりします。
黒目を見ることにより、交感神経や副交感神経の状態を観察することもできます


このように、目は私たちの心身の状態を表します。
眼科に行った際は、時々眼底検査をしてみてはいかがでしょうか。

posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

風邪か花粉症か


風邪なんだか花粉症なんだかという症状が出ています。
ご無沙汰しておりました。

すごい黄砂
金曜日の朝、車に黄砂がビッシリと・・。
前日に洗車した車でさえ、見るも無惨な状況になっていました。

鼻風邪のような症状が止まらず、くしゃみ、鼻水、のどの痛みに始まって、ついには咳も出始めました。

前日まで風邪らしき気配もなく、金曜日の朝突然に始まった風邪様症状。

黄砂が関係しているとしか考えられません。
黄砂を調べてみると咳、痰、喘鳴、ただれ、鼻水、痒みといった呼吸器官への健康被害がでるそうです。
おまけにアレルギーや花粉などに反応する人は、その症状がさらに悪化するとも・・・。

黄砂、今朝はそれほどひどくなかったものの、咳は止まらず。
いったいこの症状はいつまで続くのでしょうか・・・。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

老眼


老眼とは、年齢と共に目の中のレンズにあたる水晶体の厚さ調整力が弱まり衰えてくることにより近くの物が見えにくくなるという症状です。

老眼遠視は、よく勘違いされるようですが、実は原因が全く異なります。

目から入る光は角膜を通り水晶体で屈折されて網膜に届きます。
通常は、最終的に届く網膜でピントが合うように水晶体の厚さを調整していますが、老眼の場合、水晶体の弾力が少なくなることにより近くを見る際、ピントが合わなくなります。

遠視の場合は、眼軸の長さが短いので遠くのものを見るときピントが合わなくなります。

老眼は近くを見る場合の調整異常で、遠視や近視は屈折異常というわけです。

老眼は遅かれ早かれ、誰もがなる目の老化です。
老眼になり、近くが見えにくいのにあまり無理をすると肩こりや眼精疲労、頭痛、吐き気などの症状が出てくる場合があります。

近視の方は老眼になりにくいといわれることがありますが、もともと近視の方は、近くのものにピントが合っているので老眼を自覚しにくいというだけのことです。眼鏡をかけている状態では、同じように近くが見えにくくなります。

老眼鏡といえば、自分が老化しているようでかけたくないと思う方が多いですが、早くから老眼鏡をかけても老眼が進むということはないようです。老眼鏡をかけずに不便な生活をするよりも眼科の医師に相談し、自分に合った老眼鏡をつけて快適な生活をしましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

はしかが関東で流行の兆し


麻疹(はしか)が関東地方で流行の兆しをみせているようです。

麻疹(はしか)の発病者は10〜20歳代の若者が多いようで、はしかにかかったことがない人やワクチンの接種を受けたことがない人に早めの予防接種を呼びかけているようです。

麻疹(はしか)は、ウイルスの感染によって起こる小児期の代表的な感染症ですが、最近では大人にも広がってきているようです。

はしかにかかると38℃前後の熱や咳、鼻水、結膜炎などが出はじめ、その後、頬の内側に白い斑点ができ、頭部から全身へと赤い発疹が広がっていきます。
はしかの発疹は、皮膚から盛り上がって複数がくっついた形になるのが特徴といえます。

麻疹ウイルスが鼻やのどの粘膜に侵入し感染が始まりますが、潜伏期間は約2週間くらい。通常1週間くらいで症状はおさまりますが、免疫力が低下するため重症になると脳炎や肺炎といった重い合併症を起こすことがありますので注意が必要です。

はしかの特別な治療法はなく、解熱剤や鎮咳去痰薬といった対症療法を行うことになります。

小児期に予防接種が行われますが、日本では予防接種率が低いため、はしかの流行が始まると感染率が高まります。

また麻疹の予防接種により免疫を得ても徐々にその効力が落ちるため、最近では就学前の1年間に2回目の接種を受けるように予防接種法が改正されたようです。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

マゴットセラピー


糖尿病の方に朗報です。
糖尿病などの合併症で足が壊死する「難治性潰瘍」は、かかってしまうと足を切断するしか今まで治療法がありませんでした。

ところが、岡山大の三井秀也講師という方が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を実施したところ、9割の方が足切断から免れたということです。

このマゴットセラピーとは、ハエの幼虫を壊死した皮膚にガーゼで固定するもので、この幼虫が腐敗した皮膚を食べ、キズの回復を早めるものだそうです。

マゴットセラピーに使われているのはヒロズキンバエの幼虫で、オーストラリアから輸入していた時は、完治まで30万円ほどかかったそうです。

三井秀也講師はオーストラリア留学中に知ったこのマゴットセラピーを難治性潰瘍で足切断を迫られた60代の女性に実施したところ、潰瘍が小さくなり足の切断も免れたそうです。

今は自前で育てたヒロズキンバエの幼虫を使うようになったので費用は12〜18万円で済むそうですが、それでも保険が適用となっていないため患者の負担額が大きいといわれているようです。

ハエの幼虫に皮膚を食べられるのも微妙ですが、私ならば、足を切断されることを考えたら30万円出しても惜しくないと思ってしまいます。

画期的なこのマゴットセラピー
英国では保険医療が認められているそうなので、日本でも保険適用になればいいですね。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

体外受精の妊娠異常高率


自然妊娠と比べると体外受精を受けた妊婦に高率で妊娠異常が発生していることが聖路加国際病院の研究チームの調査で明らかになったそうです。

体外受精を受けた人は、さい帯の卵膜付着が起こる確率が自然妊娠の人の9倍、胎盤の早期はく離は5.5倍、前置胎盤は5.4倍だったそうです。

受精卵を人工的に操作すること、子宮への着床時期が自然妊娠より早めになることなど、自然妊娠との違いが妊娠の異常につながっている可能性があるようです。

そもそも体外受精とはどういった受精方法なのでしょうか。

不妊治療のうち体外受精とは、1978年にイギリスで始められました。卵巣から卵子を注射針を用いて採取し(採卵)、体外で夫の精子と受精させ、受精を確認した卵(胚)をカテーテルを用いて子宮腔に戻す(胚移植)し妊娠を促す方法です。

体外受精と違って、人工授精は、排卵直前の時期に、夫の精液を採取し、その中から良好な精子だけを選び、多量の良好精子を子宮腔に注入する方法です。人工授精の場合、妊娠する確立が増えますが、必ずしも妊娠するとは限りません。

不妊症に悩む方が多い中、体外受精を考える方もいらっしゃると思います。しかし、今回の調査結果からすると体外受精の妊娠異常は高確立ということなので、今後、体外受精を受けようとする方は、妊娠異常を起こしやすいことを認識しておく必要があるようです。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

おむつかぶれ


おむつかぶれは、ほとんどの赤ちゃんが一度はかかる皮膚炎です。
おむつのあたる部分に小さな発疹ができたりただれたり腫れたりします。

おむつかぶれの原因は、お尻がおむつで覆われているため汗をかきやすく、蒸れた状態となるのに加え、おしっこや便などで汚れた状態で、活発に動き回るので皮膚がこすれて刺激をうけることが原因といわれています。

おむつかぶれにはお尻を清潔に保つのが一番です。
おむつを換えるときは、ぬるま湯に浸した柔らかい布で優しく汚れを取り除きましょう。
また、おむつを使うと通気性が損なわれますので、おむつを換える時に少しお尻に風をあて乾かすことも大事です。

最近の紙おむつは吸収性と通気性のすぐれたものが出ているので昔にくらべておむつかぶれも減ってはいるようです。

ただし、紙おむつが優秀になったからといって、汚れているのに長時間おむつを換えないとやはりおむつかぶれの原因となってしまいます。

布おむつは何度も洗ってつかえるので経済的ですが、おしっこを吸収してそのまま皮膚にあたるため、頻繁に取り替えることが大事です。

以前、紙おむつの普及によりおむつ離れが遅くなるのではないかといわれたことがありますが、排尿は膀胱とそれに関係する筋肉や神経の働きによって行われるため、排尿調節の機能が発達するまではおむつ離れはできません。

おむつ離れは、布おむつ、紙おむつに関係ないので、生活にあったおむつを使い、こまめに換えることがおむつかぶれを予防することになるようです。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎とは、アレルギー疾患の1つで、かゆみを伴う発疹が繰り返し出現する皮膚病です。

アレルギー疾患でもアレルギー性鼻炎は鼻や目などが痒くなりますが、アトピー性皮膚炎は皮膚がとても痒くなります。

アトピー性皮膚炎の方の80%は5歳までに発症しています。
アトピー性皮膚炎の原因は明確にはわかっていませんが、遺伝的要素が強いのではないかといわれています。

他にもアトピー性皮膚炎の原因として食物やダニ・ハウスダストや皮膚の細菌やストレスといったアレルゲンが考えられ、アトピー性皮膚炎を悪化させているといわれています。

アトピー性皮膚炎の症状としては、主に次のような症状があります。

・皮膚が乾燥し強い痒みを伴う
・関節を中心に発症し、耳切れを起こす。
・湿疹がある部分がじゅくじゅくする。
・鳥肌のようにザラザラし、皮膚が次第に厚くなる。
・眉毛の外側が薄くなる。
・広範囲にわたって慢性湿疹がでる。

アトピー性皮膚炎治療の基本は、日常生活における悪化要因の探索と除去、炎症を予防するスキンケア、炎症を抑える薬物療法の
3つです。

ダニやハウスダストといったアレルゲンは、普段からのこまめな掃除により室内を清潔に保つことでかなり減らすことができます。寝室の掃除や換気を念入りにすることによりアトピー性皮膚炎の症状が軽くなることもありますので、日常生活で工夫してみてください。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

アレルギー


アレルギーを引き起こすものが以前に比べて増えているように感じます。

アレルギーとは、私たちの体にとって異物と判断されたものに対し、抗体を作って取り除こうとする生体防御システムが過剰反応して体に異常を引き起こす状態です。

私たちの体にはもともと免疫反応が備わっているのですが、度超えてしまうとアレルギーとして出現するわけですね。

アレルギー性疾患には、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎や花粉症、アレルギー性結膜炎、アレルギー性胃腸炎、食物アレルギー、薬物アレルギー、気管支喘息、小児喘息、じんましんなどがあります。

アレルギーは1〜5型のアレルギーに分類されていますが、食物アレルギーや花粉症、アトピー性皮膚炎などは即時型とも呼ばれる1型のアレルギーに属します。

最近よく耳にするアナフィキラシーショックも1型のアレルギーのひとつで薬物や蜂の毒、食物などが原因となり蕁麻疹などの皮膚症状の他、呼吸困難やめまい、意識障害を引き起こしたりします。

このように外からの抗原に対して免疫反応がおこる疾患がアレルギー疾患といいますが、リウマチや膠原病のように自分の体を構成する物質を抗原として免疫反応が起こる疾患はアレルギーとは異なり自己免疫疾患と呼ばれています。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

コンタクトレンズ


コンタクトレンズとは、視力を矯正するための高度管理医療機器に指定された医療機器です。

コンタクトレンズには大きく分けてハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズがあります。

その中には使い捨てのコンタクトレンズや遠近両用コンタクトレンズ、乱視用のコンタクトレンズや円錐角膜用コンタクトレンズ、またカラーコンタクトレンズなどもあります。

ハードコンタクトレンズは硬めのプラスチックで出来ており、耐久性に優れています。
最近では酸素透過性ハードコンタクトレンズが主流で安全性も良くなっています。ソフトコンタクトレンズに比べ、酸素透過率が高いので長時間の装着も可能となっており、視界も良く、経済的なコンタクトレンズです。

ソフトコンタクトレンズは、水を含んだ柔らかいプラスチックで出来たコンタクトレンズで、ハードコンタクトレンズでは目が痛くて合わなくてもソフトであれば装着可能な方もいらっしゃいます。ハードコンタクトレンズに比べ、異物感が少なく、激しいスポーツでも安心してつけることができます。

コンタクトレンズは医療機器であるため、購入するためには医師の診察が必要となります。
ドライアイや角膜障害など、眼科医が不適当と判断する場合にはコンタクトレンズは装用できませんし、装着時間も眼科医の指示に従うこととなります。

眼に障害を起こしたり、レンズにキズが付いていたりする場合もありますのでコンタクトレンズを使用するときは、眼科医から指示された定期検査は必ず受けましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

脳を活性化


大人の塗り絵脳を活性化するといわれ注目を集めています。

塗り絵自体、本当に脳を活性化させるのかどうか、いままで科学的に検証した例が少なかったようですが、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授とともに三菱鉛筆が塗り絵の効果を検証したそうです。

川島隆太教授といえば、毎日あるいは最低でも週3日以上、10分から20分ほど継続的に読み・書き・計算を反復学習することによって、非薬物療法として、認知症患者の脳の再活性化を促し、脳機能の改善、回復を促すという「学習療法」を発表され、この学習療法をアレンジした「脳を鍛える大人の計算ドリル」や「脳を鍛える大人の音読ドリル」が発売されており、ニンテンドーDS用のソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」略して「脳トレ」の監修も行っている教授です。

川島教授と三菱鉛筆の検証の結果、単に「塗り絵」をする行為自体は、必ずしも前頭前野を活性化させる行為とはいえないようですが、ぼかしなどの技法や配色、色の濃淡に工夫すること、特に、1色だけで塗り分けるというテクニックを用いると大きく脳が活性化することが分かったそうです。

大人の塗り絵はそれだけでも楽しい作業ですが、濃淡を工夫して塗っていけば、脳の活性化にも役立つということのようです。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

遺伝子組み換え食品


遺伝子組み換え食品とは「遺伝子組み換え技術を用いて開発された農作物と、それを加工した食品」のことをいいます。

遺伝子組み換え作物の販売・流通は、日本では現在7種類が認められています。

その7種類の遺伝子組み換え農作物とは、しょうゆや豆腐、納豆、油揚げ、きなこなどの大豆加工品、ポップコーンやコーンスターチ、コーン油などのとうもろこし加工品、ポテトチップスやマッシュポテトなどのじゃがいも加工品、菜種油などの菜種加工品、てんさい糖などのてんさい加工品、綿実油などの綿加工品、家畜用飼料などのアルファルファ加工品です。

遺伝子組み換え食品は、厚生労働省が定めたガイドラインをクリアしたものの販売・流通が認められています。
そのガイドラインとは、挿入された遺伝子の安全性、新たに生成されたタンパク質の安全性、アレルギーの心配、遺伝子操作の安全性、遺伝子挿入による栄養素の極端な変化などがあげられます。

遺伝子組み換え食品には表示が義務づけられていますので、安全性に不安がある場合など、避けたい場合は表示をよく見て購入しましょう。
自然で安全性の高い食品を望む場合、輸入作物の中には遺伝子組み換え作物を含むものがあるので、国産のものを選ぶなども有効です。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

肝臓を休ませる休肝日


肝臓を休ませる休肝日の多い人の方が、休肝日の少ない人より死亡率が低くなることが厚生労働省の調査でわかったそうです。

肝臓は腹部の右上に位置している臓器で、代謝に関わる重要な臓器です。肝臓は80%程度が悪くなるまでは症状が現れませんので、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

肝臓の主な機能は、胆汁の生成、栄養素の貯蔵と加工、解毒作用、生体防御作用、血液凝固作用物質の産生、造血・血液量の調節などで、生命活動を維持する上で重要な役割を担っています。

肝臓の病気もさまざまですが、その原因はウィルス性のものか、アルコール性のものです。
飲酒等、アルコール性の肝臓病には「脂肪肝」「肝炎」「肝繊維症」「肝硬変」「肝がん」などがあります。

肝臓を休ませる休肝日の多い人の方がアルコール性の肝臓病にかかって死亡する確率が低いということのようです。

日本では、アルコール性の肝障害は、約300万人いるといわれており、そのうちには肝硬変が5万人いるといわれています。

肝臓病でもウイルス性のものと違ってアルコール性の肝臓病は生活習慣を変えることによってある程度防ぐことが出来ます。

肝臓に優しい生活としては、栄養のバランスをとり、肥満防止に心がけ、アルコールは控えめ、もしくは飲まないこと。
またストレスをためず、適度な運動も心がけることが大事です。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

生理痛の原因


生理痛には、子宮や卵管などに異常があって起こる生理痛と、特に異常はないのに起こる生理痛があります。

生理痛でも子宮や卵管に異常がある場合、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症といった病気があるかもしれませんので婦人科に相談した方がよいと思います。

さて、生理痛でも子宮や卵管に異常がないのに起こる生理痛を機能性生理痛といっています。

この生理痛の原因を大まかにいってしまうと子宮収縮ホルモンが多い、子宮口が狭いなどの原因が考えられますが、ストレスなどの心理的要因もそのひとつと考えられています。

生理の時、剥がれ落ちた子宮内膜を外に出すために「プロスタグランジン」というホルモンが子宮内膜出てきます。
このホルモンの分泌が多すぎると過度な子宮収縮が起こり、血流が悪くなって生理痛となるといわれています。
月経困難症の方にはプロスタグランジンの濃度が高いことがわかっています。

また子宮頸管といって子宮の出口にあたるところが狭く、生理痛になる方がいます。子宮の発育が完全でない時や、出産経験がない場合に生理痛が起こりやすくなるようです。

ストレスや過労、不規則な生活やバランスのとれていない食生活も自律神経の失調状態をおこし生理痛につながることがあります。
冷えすぎなども血流を悪くし、生理痛の原因となりますので薄着をしないで暖かい服装で過ごしましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

眠気解消法


眠たいのに眠れない不眠症も辛いものですが、寝ても寝ても眠たい状態も困ったものです。

春眠暁をおぼえずとはいうものの、家にいて眠る分にはいくらでもかまいませんが、現代人は何かと忙しい。
眠いからといって寝ているわけにもいきません。

眠気は特にお昼ご飯を食べた後にやってくる方が多いと思いますが、これはもともと人間の構造上、昼寝をするようにできているのだということです。

眠りの異常はナルコレプシー、睡眠相後退・前進症候群、睡眠時無呼吸症候群などの病気で発生している場合もありますので、生活に支障がある場合は病院で睡眠検査を受けましょう。

さて、特に問題のない眠気
眠たいけれど、やりたいことは山積みだったり、受験勉強をしなくてはいけなかったり。

眠気がひどくてどうしようもない場合は、仮眠が有効です。
20分くらい仮眠できれば申し分なく効率アップするそうですが、昼食を軽めにとって時間を確保したり、お昼休みに仮眠できなくても電車中の移動時間を利用するとか、少しでも仮眠できる環境をつくりましょう。

他にも簡単な眠気解消法としてね冷却シートがあります。
熱冷まし用などの冷却シート、なければ濡れタオルを硬くしぼって目元や首もとを冷やすと気分がリフレッシュして眠気を抑えてくれます。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

タミフル


タミフルは、インフルエンザのウイルスを抑え、インフルエンザによる症状の悪化を防ぎ、インフルエンザによる症状の期間を短くする効果がある薬です。

タミフルは、スイスの製薬会社で製造され日本国内では2001年2月2日から保健適応となり中外製薬から発売されています。

タミフルは2007年3月20日、厚生労働省より「原則的に10代には使用禁止」となりました。
これは、タミフルを服用した10歳以上の未成年の患者において、服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が多数報告されていることを重く受け止めたためです。

タミフルは、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用しなければ効果が低く、インフルエンザA型・B型には効果がありますが、インフルエンザC型や細菌性の風邪などには、効果がありません。

タミフルの副作用で報告されているものは、腹痛・下痢・嘔気などですが、話題になっている飛び降りなどの異常行動についても発生頻度のわからない副作用として、薬の詳しい説明書に記載されていました。

タミフルの副作用としてはその他にも肝機能障害・ショック症状・肺炎・急性腎不全などもあるようです。

タミフルの後遺症に悩む方々の「薬害タミフル脳症被害者の会」も発足し、タミフルの副作用に関する幅広い情報を集め、発信されています。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

二日酔い対策


送別会、お花見、歓迎会と春は飲み会や宴会が続々目白押し。

年度末の仕事で、ただでさえ疲れた身体にアルコールが続くと二日酔いや胃もたれが起きやすくなります。

二日酔いとは昨晩飲んだアルコールが翌朝までも残ってしまうこと。一定以上のアルコールを飲むと、肝臓で処理し切れなくなって有害物質が体に残り、ひどい場合は次の日まで残り二日酔いになってしまいます。

二日酔いには妙薬なしといわれていますが、二日酔いにならないように予め二日酔い対策を練っておきましょう。

二日酔いを防ぐためには日頃から肝機能を強化する良質のタンパク質やビタミンを摂取しておくことが大切です。

良質のタンパク質を多く含む食品には、鶏のささみや白身魚、豆腐などの大豆製品、卵、シジミや牡蠣、レバーなどがあります。
またブロッコリーや果物に多く含まれるビタミンCや緑黄色野菜にたくさん含まれるビタミンAも大切です。

そして、宴会直前、お腹が空いているのにいきなりアルコールを飲むと二日酔いにもなりやすくなります。
飲む前にちょっとだけ牛乳やチーズなど口に入れておくと胃壁に脂肪の膜が出来てアルコールの吸収が穏やかになります。
他にもウコンやアラニンが入ったアミノ酸などのサプリメントや胃腸薬を飲んでおくのも二日酔いには効果的です。

そして、二日酔いになりにくい枝豆やお豆腐などのおつまみを食べながらゆっくり飲みましょう。

それでも二日酔いになってしまうのはお酒の量が多すぎます。
二日酔いになってしまったら、水分補給をしてアルコールが体外へ排出されるように心がけましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

白内障


白内障とは目の中のレンズの役割をしている水晶体が灰白色に濁り、物がかすんだり見えにくくなる目の病気です。

白内障になる原因はまだ解明されていませんが、水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が原因ではないかといわれているようです。

白内障は生まれつき水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もありますが、ほとんどの場合、加齢に伴う老人性白内障です。

年齢が上がるに従って白内障による視力低下は増えてきますが、目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などによる合併症の場合は若い内から白内障にかかることもあります。

白内障は、他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障でもなりやすいといわれています。

一度白内障になると点眼薬などで進行を抑えることはできても、水晶体の濁りはとれることはないため、元の視力を回復したい場合は今のところ手術以外にはないようです。

白内障を防ぐためには、バランスの良い食事を心がけまょう。
若々しさを保つビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの他、大豆や玄米、緑黄色野菜を積極的にとりいれ、糖尿病など白内障の原因となる生活習慣病の予防をすることも肝心です。

またサングラスや保護眼鏡を使い、強い紫外線や放射線、赤外線から目を守るようにしましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

ウコン


ウコンは肝機能を強化する健康食品として定着していますが、色々な種類のウコンが世界には存在しています。

ウコンはショウガ科の多年草植物。
日本だけでなくインドや中国など熱帯アジアで広く栽培されています。

通常、日本で「ウコン」というときには「秋ウコン」のことをいいますが、他にも春ウコン紫ウコン白ウコンなどの種類があります。

春ウコン紫ウコンというのは俗称で学名では秋ウコンは「ウコン」、春ウコンは「キョウオウ」、紫ウコンは「ガジュツ」、白ウコンは「ハナショウガ」といわれます。

これらのウコンはほんの一部で、世界では別のウコンが20〜30種類もみつかっています。

秋ウコンは、カレーなどに使われるターメリックという香辛料と同じもので昔から調味料や染色などにつかわれていました。
ウコンを輪切りにしたらわかりますが、生姜とちがって秋ウコンではオレンジ、春ウコンでは黄の色をしています。

この黄色い色素こそがクルクミンといわれる色素成分。
1992年、米国の動物実験で皮膚ガン発生の抑制効果が報告されてから注目を集めました。

ウコン、特に秋ウコンにはこのクルクミンがたくさん含まれることから健康食品としての需要が高まったのはみなさんご存じのことと思います。

ウコンは二日酔い防止に重宝がられていますが、過剰摂取や長期摂取では消化管障害を起こすことも報告されています。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 医療・健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。