介護福祉への転職を考える


介護福祉の仕事は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護職である入所者の食事介助、入浴介助、排泄介助、おむつ交換、着替え介助、話し相手やレクリエーション運営など様々です。

日本は高齢化が進み、4人に1人がお年寄りという時代において、介護福祉の仕事に対するニーズは年々増え続けているといえるでしょう。

それに比例して、介護福祉の仕事に従事したいと考える方も増えているようです。

介護福祉士やヘルパーの資格を持っていなくても介護職に就くことはできます。。
しかしながら体力を要したりハードな仕事のため、介護福祉の仕事に就くことができても続かない方がいるのも現状です。

介護福祉への転職を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、転職する前にお近くの高齢者施設や障害者施設を訪れ、実際介護福祉に従事している方のお話を聞いたり、どんな仕事なのかを予めよく調べることをオススメします。

介護の仕事はやりがいがあることは確かですが、体力的にも向き不向きがあります。

介護職の給料は安く、残業も多く、尽くしても相手はサービスを受けて当たり前と思っている、名指しで苦情くる、など思った以上に大変だったという話はよく聞くことです。

それでも介護福祉への転職を考えるならば、まずは福祉人材センターや人材バンクに登録してみましょう。

ホームヘルパーの養成研修は各自治体で行われていますので、「ホームヘルパー2級講座」など受け、資格をとっておくのも転職には有利になります。


posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

転職するための資格


転職したいと思っていたら、どんな資格があれば転職に有利なのかをおさえておくことも必要かもしれません。

もちろん、資格を持っているからといって転職できるかどうかは別の話ですが、会社側からしたらどちらを採用しようかと思っている時に、より使える資格をもっている人材の方がいいに決まっています。

獣医師や看護士のような特別な資格を持っている方は最初からその職業に就いていると思いますので、営業や事務職に転職する場合、一般的に有利といわれる資格について考えてみましょう。

・TOEIC
転職先が外資系や英会話が重要な企業ではなく、一般的な企業ではスコア600点あれば「英語ができる」との判断をもらえる可能性大。
英語の能力は営業、事務職共にビジネスの現場では重要になってきています。
試験は随時行われているのでより高いスコアがあれば転職の際、有利だといえるでしょう。

・中小企業診断士
企業経営に関する助言を行う人気の資格です。
転職だけでなく、独立する際にも持っていれば有利な資格です。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト
Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookに関する資格で事務職への転職の際、持っているとアピールできます。
最近、どこへ行ってもパソコンは必須。
特にExcelの使用頻度は高いので、これが使えないと不利になってしまいます。
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格がないにしてもExcel表計算処理技能の資格は持っていた方が有利といえるでしょう。

・社会保険労務士
この資格は社会保険などに関する手続き業務を行うだけでなく、労働者の権利にも精通しておかなくてはならないので企業に対するアピール度は絶大といえます。
企業外部に対しても社労士がいれば労働基準法を遵守した会社だとアピールできるため、社労士資格を持っている方の転職は有利になるはずです。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

語学力を生かした派遣のお仕事


人材派遣のお仕事も色々なものがありますが、もしもあなたが語学が得意であればその語学力を生かした派遣の仕事があるはずです。

もちろん英語以外にも中国語(北京語・広東語)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など色々な外国語を必要とする派遣の仕事もあります。

・英文レターや資料作成などを必要とする英文事務。
この仕事は電話対応が必要になる場合もありますのでTOEIC600点以上の英語力を目安に日常英会話ができれば問題ありません。

・外国人付秘書(セクレタリー)
語学力は元よりスケジュール管理、社内外とのやり取り、文書作成、会議の準備やプレゼンテーション資料の作成など語学力以外の秘書としての実務知識が幅広く求められる仕事です。

・翻訳
日本語から外国語、外国語から日本語に訳す両方の場合がありますので、外国語だけでなく正しい日本語の能力も求められ、文章表現力が必要となります。

・英文経理
外資系の企業などで、会計科目の表記は英語であるものの日本の会計基準に従い処理する経理事務と海外の会計基準に従って処理する経理事務があります。
経理経験があることが望ましいですが、語学力があればスキルアップでクリア出来るお仕事です。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

派遣のプロセス


派遣で働く場合の実際はどんな流れになっているのでしょう。

1.人材派遣会社を選ぶ

派遣で働くためにはまず人材派遣会社に登録する必要があります。
人材派遣会社によって仕事の取扱が違っていたりするので自分が働きたい仕事を扱っている派遣会社を選びましょう。
派遣登録は複数の会社にしても良いので自分に合った会社を探します。

2.人材派遣会社に登録する

人材派遣会社を選んだら案内に従って登録します。
今までの職歴や自分の技能などのチェック、面談など会社によってそれぞれ違いますが登録手続きをして完了です。

3.希望する仕事が決まるまで待機

その後、自分のスキルに合った仕事がすぐにみつかる場合もありますが、希望する会社が決まらなければ待機することになります。
人材派遣会社からの連絡を待つ間、登録した会社での研修制度など自分のスキルアップも図ることができますので積極的に利用するのが得策です。

4.仕事の紹介がある

次に派遣会社から仕事の紹介があったら、派遣先が自分の希望する条件に合うか吟味して返答します。紹介された派遣先が自分の希望に合わない場合は無理に受ける必要もありませんので断ってもかまいません。

5.仕事の決定

派遣先が決まったら派遣会社との雇用契約が行われます。
就業条件の明示がありますので、業務内容・就業日・就業時間・給料形態など内容をしっかり把握しておきましょう。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

紹介予定派遣とは


紹介予定派遣とはジョブサーチ型の派遣で、派遣先との契約終了後、企業側と派遣スタッフのお互いが希望すれば、その派遣先で正社員もしくは契約社員となることができる労働者派遣のことです。要するに人材派遣会社が派遣先や派遣スタッフに対して職業紹介を行う派遣のことになります。

紹介予定派遣を行うためには、一般労働者派遣事業の許可と有料職業紹介事業の許可を受けていることが必要となりますので、紹介予定派遣をのぞんでいる方はその許可を受けた人材派遣会社に登録する必要があります。

紹介予定派遣は自分の希望や能力が生かせるかどうか実際仕事をした上で就職できますし、企業側からもそのスタッフの技能や性格を確認したうえで採用することができますので双方にとって良い結果が得られます。

通常の人材派遣では派遣就業開始前の面接、履歴書の送付等、派遣先が派遣労働者を特定することを目的とする行為は禁止されていますが、紹介予定派遣に限っては派遣就業開始前の面接、履歴書送付等が許可されています。

紹介予定派遣は、同じ派遣スタッフの派遣期間は6ヶ月以内と決まっています。

派遣先の企業が紹介予定派遣を受けた場合で、企業もしくは派遣スタッフのどちらかが就業を希望しなかった時、紹介予定派遣を行った人材派遣会社の求めに応じその理由を明示しなければなりません。
また逆に受け入れ企業側が採用を断った場合、紹介予定派遣を行った人材派遣会社は、派遣スタッフに対して派遣先から明示された理由を書面で明示しなくてはいけません。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

転職について考えること


転職を考えている方に質問です。
そもそもなぜ転職したいのですか?

転職したい動機が「仕事や待遇に不満がある」のか「仕事には不満はないが人間関係や環境に不満がある」のかで違ってきます。

仕事や待遇に不満がある場合は転職を視野に入れるべきですが、職場環境だけに不満があるのならばすぐに転職しなくても良いかもしれません。
転職を考える前に職場環境を変えるよう働きかけることも可能だからです。

次にどうしても転職をしたいと考えるならば、会社を辞めてから転職活動をするか、今の会社に勤めたまま転職活動をするのかを考えなければいけません。

会社に勤めたまま転職活動をする場合、お給料をもらうことができるので金銭面では安定しています。金銭面で安定していると家族も安心感があります。
その代わり、今の仕事があるため転職活動に時間をあまりかけることができませんし、モチベーションが続かなくなる可能性もあります。

逆に会社を辞めてから転職活動をする場合、時間が自由に使えるため転職活動にも専念でき、面接の日時など気にすることなく動くことができます。
その代わり、次の仕事が決まるまで金銭的に不安定になりますし、転職活動が長引くと企業への受けが悪くなるという不安もあります。

どちらにもメリット・デメリットがありますので自分なりに転職活動の仕方を決め、綿密なスケジュールをたてておくことが必要になってきます。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

転職面接


転職活動の際、ヘッドハンティングされるならば別ですが、かならず面接をクリアしなくてはいけません。

転職の面接で印象を悪くすることばがあります。

・運がない
・以前(または現在)勤めていた会社の悪口


●「どうも運がなくて前の会社が倒産したので辞めることになりました。」

本当のことでもこういってしまうとネガティブな印象です。

『勤めていた会社が倒産してしまったことは残念ですが、これをチャンスだと思い、自分の力を出来る限り発揮しようと思います。』

同じことを話したとしてもずいぶん印象が違いませんか?
あまり運がないことを強調しても「ダメな人」の印象を与えてしまいます。

●「前の会社は残業ばかりで手当てもないし、休みもとれないひどい会社でした。」

以前の会社の悪口は話しだすとキリがなくなります。
不平不満が出るとすぐに辞めてしまうのでは?と相手側に不安感を与えかねません。

前の会社に対する被害者意識はこの際、きっぱり捨てましょう。

ネガティブワードは使わずにあなたの良さをアピールしてくださいね。
posted by 情報クラスター at 情報クラスター! | 就職・転職・派遣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。